就職活動の面接

面接試験は、就職活動の天王山といっても言いすぎではありません。面接の結果によって、就職活動がうまくいくかどうかが決まります。就職活動の最中は、面接に関する情報収集や、思考のまとめをしておきましょう。

 

いったいどのような対策をしておいたら良いのでしょうか。面接は、個人面接と、集団面接とがあります。集団面接とは応募者が複数集まり、一人あるいは複数の面接担当者から質問を受け回答していく面接方式です。

 

採用試験の前半に多い形式で、身だしなみや態度は一定の基準を満たしているかを判断したり、自己紹介や自己PRが求められます。大勢の中で埋没しないよう、自分をPRできるかが大事です。

 

一方、自分は1人で面接官と相対する形式の面接が個人面接となります。

 

個々人に時間をかけて面接ができるので、面接試験でも中後半に採用される形式です。より重要性の高い面接であるといえるでしょう。

 

個人面接の場合には細かい部分まで見られることになりますが、緊張せずに行うようにしましょう。面接は、就職活動の段階で予行演習をしておくことが大事です。

 

きちんと相手の目を見て話すこと、はきはきとはっきりした声で話すこと、答はまず結論から述べる、会話のキャッチボールを心かげることなどを意識しましょう。

 

面接をせずに就職活動を終わらせることはまずできませんので、しっかり準備をしてください。

ジョブセンス 評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です