就職活動のすすめ方

これから就職活動をしなければならないけれど、何をすればいいかわからないという人もいます。どういったことをすれば、就職活動ができるのでしょう。最初に会社説明会に足を運び、会社側の話を聞きましょう。

 

会社説明会とは会社側が開催する説明会のことで、セミナーとも呼ばれています。会社側が学生や求職者を求めて会社概要や募集要項などを説明します。社内の見学と説明会だけというところもありますし、その日に選考を行う会社もあります。事前に筆記用具を持参してくださいと書いてあった場合には筆記試験の可能性があります。

 

就職活動の一環として、就職している卒業生へのOB訪問があります。実際に働いてみて、企業に対してどのような考えを持っているか、会社はどんな人材を求めているかなどをOBの先輩から聞きます。

 

どんな会社なのか、資料ではわからない部分について知ることが、OB訪問のポイントとなるところです。OBと話すときはきちんとした敬語と自然体で接しましょう。

 

終了後訪問時の態度や印象などが人事部へ報告されますので注意しましょう。インターシップ制度を利用するという方法もあります。学生のうちから、研修生として希望の職場で一定期間働くことで、仕事をするということを実地体験できます。

 

企業はインターシップに参加した学生の中から採用対象者を探し出すことを目的としています。

 

就職活動の準備代わりに、インターシップで経験を積んでおくのも役に立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です