顎の整形手術ってどうなの

顎の形を整形手術で変えたいと思っている人は意外と多いようです。

かなり鼻や目の整形手術も全体的な顔の印象を変えることができますが、大きく全体の顔の印象を顎の形を変えることで変えることになるのではないでしょうか。整形手術を顎に施すには方法がさまざまあるようです。

小顔にするための整形手術は、頬骨を削ったり、下の歯を一部抜いて骨をカットするというものがあります。上の歯を抜いて鼻の下の骨をカットする整形手術が、出っ歯を直すためにあるといいます。あごの形を整えるには、顎の骨を削ったり、ヒアルロン酸を注入したりプロテーゼを挿入する整形手術があります。

かつては全身麻酔の体への負担が大きく、骨を削る程度の整形手術しかできませんでした。設備の整った美容整形外科も今では増え、麻酔の技術も向上しているといいます。だいたい希望通りの整形手術を受けることが最近は不可能ではなくなってきています。

そんなに顎の整形手術をするのは容易ではないといいます。

手術後数日は食事や歯みがきもなかなかできませんし、顎の腫れが続くことになります。手術後2週間は安静が必要で、施術の方法によっては半月程度は仕事を休んだ方が良いでしょう。

体にかかる負担も、金銭的負担もかなあるといえるでしょう。顎の整形手術では入念に病院を選び、カウンセリングなどを通じて信頼できる担当医と出会うことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です