最近あった話

スポンサードリンク
AOLメール設定方法とアドレスの作り方 アドレスの変更

AOLメール設定方法 WINDOWSの場合メールソフト使える?

AOLは、アメリカにある会社が提供しているインターネット接続サービスの会社です。

 

フリーメールサービスも提供しており、世界中の人が無料で利用することができます。サービスを利用するためには、AOLに会員登録をすることが必要です。

 

会員登録は、AOLの公式ホームページから手続きをしていきます。

 

インターネットの接続し、AOLの公式ホームページを表示させて下さい。AOLのホームページが表示されたら、登録ボタンが画面の右上の方にあるので確認します。

 

見付けることができたら、登録ボタンをクリックして下さい。

 

画面上にサインインが表示されるので、その下にある「無料アカウントにサインアップ」をクリックします。

 

無料アカウントにサインアップをクリックすると、「今すぐアカウントを作成する」が表示されるので確認して下さい。

 

アカウントを作成するためには、氏名などの入力が必要になります。メールアドレスの選択で入力した文字列は、AOLのアカウントになるので忘れないようにしましょう。

 

パスワードは、6から16文字までの間で自分の好きなものを選ぶことが可能です。パスワードなどの入力が終了したら、確認してから「次へ」をクリックします。

 

個人情報を入力する画面に移動するので、個人入力の画面では生年月日や性別や郵便番号などを入力するので、間違えないように気を付けることが必要です。

スポンサードリンク


この画面では、パスワードなどを忘れた時に使う質問なども選択していきます。質問内容は、自分の好きな内容が選択することができるのが特徴です。

 

質問を選んだ後は、それに対する答えを入力していきます。どのような答えでも大丈夫ですが、質問などを忘れてしまうとパスワードなどのリセットができないので注意しましょう。

 

連絡用のメールアドレスを入力したら、本人確認をする画面が表示されます。

 

画面上に表示されているアルファベットの文字を入力したら、サインアップをクリックして下さい。これで全ての設定は終了で、AOLのサービスを無料で使うことができます。

 

普段利用しているパソコンのOSがWINDOWSの場合、標準で搭載されているもの以外にも様々なメールソフトが使用可能です。

 

各ソフトの設定方法は、AOLの公式ホームページ上で公開されているので確認して下さい。ホームページに表示されている中から、自分の登録したいメールソフトを選択して設定していきます。

 

選択した後は、画面に表示されている内容をよく確認しながら進めていくだけで、設定することが可能です。

 

スポンサードリンク

AOLメールアドレスの作り方 CCとBCCの違い 署名の設定は

AOLメールアドレスの作り方は、簡単でAOLのサイトに行き所定の入力項目を入力すれば取得可能です。

 

CCとBCCの違いは宛先に複数の人を送付するか、それとも複数の人に送付して、受け取り側が誰にあてて送信されたメールなのかがわからないようにするかの違いです。

 

CCの場合は、複数の人を同時にひとつのメールで送信することが出来ますが、その宛先に書かれたアドレスは受信者がそれぞれを知ることが出来ます。そのため、送信した人が誰なのかわかってしまうので、お互いが知っている者どうしでなければ使わないほうが良いでしょう。

 

送信する人がお互い知らない人であれば、知らない人のメールアドレスを知ってしまうので、CCは使わないのが一般的なマナーです。

 

送信者一覧が受信者にわからないようにするためには、BCCを使用しましょう。

 

BCCは、一斉に送信する場合でも、受信者側は誰にあてて送信されたメールなのかがわからないため、お互いのプライバシーと個人情報を守ることが出来ます。

 

そのため企業が一般人に送信する際にはBCCを利用することが良いでしょう。

 

利用者のアドレスが他の利用者に知られてしまっては、個人情報保護法に基づいて訴えられてしまう可能性もあります。よってBCCを効果的に利用することで、個人情報の流出を防ぎましょう。

 

署名は本人であることを確認するためにあります。署名がない場合は、誰でも自分のふりをしてなりすますことにより、不正に情報を収集することも可能になってしまいます。

 

だから、送信する際には事前に本文の下部に署名を付けておきましょう。署名の付け方は、ソフトウェアを使用することで取り付けることが出来ます。

 

デジタル署名の場合は、認証局に証明書を手に入れる必要があるので、お金がかかってしまいますが、自分で署名を作る方法であれば無料で作ることが出来ます。

 

そのため企業でなく個人で使用する場合であれば、自分で署名を作る方法が良いでしょう。もし署名の内容が複雑であればあるほど、わかりにくくなるので注意しなければなりません。

 

ただしあまりにも単純すぎるものだと第三者に複製される危険もあるので程々に設定しましょう。それから、署名内容はなるべく簡潔にすることがおすすめです。

 

署名内容が大きくなるとデータ量が大きくなり、相手の通信量を増やしてしまいます。

 

そのため添付するなるべく署名の内容は簡潔に済ませることが望ましいと言えるでしょう。

スポンサードリンク


 

AOLメールアドレスは変更可能?おしゃれなテンプレートを使いたい

AOLのメールアドレスは、米国Oath社が提供しているものでフリーサービスの一種です。

このアドレスは新規登録時に決められたものが固定され、原則的には変更が不可能となっています。

アドレスの一部分を変更するできないので、AOLでは新規に取得することを勧めています。

幸いAOLはフリーメールですから、複数のアドレスを取得して使い分けるなどが可能です。

勿論、他の人が使っているアドレスは取得できませんが、空いているものなら自由に追加で取得して使えます。

メールアドレスの変更は原則的に対応しておらず、AOLも応じない方針なので、取得の際は十分に確認することが大切です。

満足の行くアドレスを取得して、本格的な活用に入る場合は、上手な使いこなしが利用上のコツとなります。

基本的にはブラウザベースなので、何処からでもアクセスしてメールチェックなどが行なえます。
出先で文面などの作成を行う時は、失敗と手間を避ける意味で、テンプレートを活用するのが得策です。

テンプレートは予め用意しておける、いわゆる雛形と呼ばれるものです。

 

ビジネスではお決まりの文面を繰り返し使うので、状況に合わせてテンプレートを用意しておくと役立ちます。

 

テンプレートは自作することもできますが、ネットで配布されている文面の流用も行なえます。

 

おしゃれなテンプレートも少なくないので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

おしゃれ度が高いものは、伝えたい内容がスマートだったり、文面が見やすいのが特徴です。

カスタマイズ性にも優れているので、使う人に合わせて柔軟に変化が付けられます。

署名欄も良く拘られており、誰が受け取っても誰からのメールか一目瞭然です。

テンプレートを作って返信定型文で保存しておけば、毎回文面を1から考える手間がなくなります。

生産性の向上にも結び付くので、毎日各所にメッセージを送信する人であれば、大幅に無駄が省ける結果に繋がります。

 

テンプレートは何十種類も保存しておけるので、仕事だけでなく家族や友人向けに使い分けることもできます。

 

同じ文面ばかりで味気ないと感じる場合は、同一内容の複数のパターンを用意したり、装飾を考えて工夫するのもありです。

 

装飾は文字や記号を使った飾りで、工夫のしかたによって個性が付け加えられます。

HTML形式ならカラフルにしたりアニメーションも使えますが、テキスト形式でも十分におしゃれな演出ができます。

テンプレートは見る人に個性を印象付けるので、好みや使用目的に合わせて上手く活用することがポイントです。

 

スポンサードリンク