最近あった話

ハンバーグ作り方 レシピ 冷凍ハンバーグ、豆腐ハンバーグ焼き方など

ハンバーグの作り方 クックバッドレシピ人気1位 簡単にできる基本的な焼き方

自宅でハンバーグを作る場合、生焼けでよく失敗する人がいますが、

クックバッドレシピで人気1位を獲得した簡単にできる基本的な焼き方があります。

やり方はホントに簡単で失敗がない方法なので、しっかりこの焼き方を体得して生焼けで後からレンジでチンするような愚かな行為をしないようにしましょう。

 



まず材料としてこねたハンバーグのたねを人数分用意し、フライパンをよく熱してサラダ油をなじませ、小判形に整えたタネを中央部分に少し窪ませながらフライパンに並べます。

 

→ クックパッドのハンバーグ作り方 

 

そして蓋をしないで強火でまず1分、その後蓋をして中火で3分焼けば完成です。

この焼き方で実践すると、肉汁たっぷりのふっくらとしたジューシーなハンバーグに仕上がります。

ハンバーグの作り方としては簡単で最強の焼き方になりますが、守るべきコツとポイントは確実に手順を遂行することです。

最初に強火で焼いてその後中火で焼く焼き方が成功のコツで、中まで火を通したくて最初から中火で蓋をして蒸し焼きにする人がよくいますがそうすると失敗します。

その方法で焼くとハンバーグから肉汁が出てきて、周りがグチャグチャになります。

ハンバーグをフライパンで焼く時は必ず火加減は支持通り守り、夏場や火力が強いコンロの場合は微調整を忘れないことです。


フライパンでできる簡単なハンバーグの焼き方 NHKためしてガッテンおすすめの方法

NHKためしてガッテンで紹介されたハンバーグの作り方は方法はひき肉をこねた後につなぎとしては牛乳に浸したパン粉を使用するのが一般ですが、NHKためしてガッテンでは麩と寒天と牛脂を使用するのです。

 

麩は乾燥したままおろし器で削って粉にし、寒天も粉寒天であればそのまま使用しますが棒寒天であればお湯で溶かして冷ました後に混ぜます。

 

この麩と寒天を加えることによってハンバーグのおいしい肉汁を内部に閉じ込めることができるだけでなく、次に牛脂をみじん切りにして加えることによって脂分を足すことができるのでジューシーさを足すことができるのでおいしくなるのです。



そして焼き方としては自宅に鉄のフライパンがある場合には、鉄のフライパンをあらかじめ予熱しておいて煙が出たら牛脂もしくはサラダ油を薄く敷きます。

 

その上にハンバーグを置いて片面1分30秒を目安に焼き上げたら、一度フライパンからハンバーグを取り出します。

 

このままでは生なのでさらに過熱するのですが、ハンバーグが予熱で温まっている間にフライパンに付け合わせの野菜を敷いて片面を焼きます。

 

そして片面が焼けたら予熱で温めておいたハンバーグを乗せて野菜が浸るぐらい熱湯を注いで、あとは水分が飛ぶまでおいて出来上がりです。

 

鉄のフライパンがない場合には、冷たい段階から火にかけて焼き目を付けた後に野菜を乗せて同じように蒸し焼きにするとできます。


冷凍ハンバーグの期限と豆腐ハンバーグのレシピ 付け合わせはホウレンソウともやし、じゃがいも?

市販されている冷凍ハンバーグであれば賞味期限も書いてあるので分かりやすいですが、手作りした時にはどれぐらいの期間持つのか悩むこともあるのではないでしょうか。

 

焼く前の肉だねの状態だと長くても約2週間、焼いた後での保存なら約1ヶ月前後を目安にすると良いでしょう。

 

ひき肉自体が冷凍しても1ヶ月ぐらいの期限となりますから、他の材料も入れてこねている分だけ早めに食べきった方が美味しいですし、安心できます。

 

付け合せも好みがあるので、どんなものを添えようかと考え込んでしまう事もよくあります。

 

こってりした肉汁たっぷりのハンバーグや豆腐を使った和風系どちらの場合でも、さっぱりとした野菜は箸休めとしても活躍してくれます。

 

栄養バランスを考えるのであれば、鮮やかな緑のホウレンソウ、手に入りやすいもやし、じゃがいもなどがおすすめです。

 

軽く塩コショウを振っていためるだけの軽い味わいでも美味しいですし、バターを加えて少し国を出してみるのも味わい深くて美味しいものです。

 

レタスやキャベツ、にんじん、トマトなどは加熱しなくてもサラダとして添えておけば手軽に食べられるので、冷蔵庫にある野菜を上手く使って美味しいハンバーグの一皿を考えてみて下さい。