最近あった話

スポンサードリンク
ホットメール設定方法とアドレスの作り方

ホットメール設定方法 WINDOWSの場合メールソフト使える?

ホットメールはMSNが提供しているサービスで世界最大の無料のサービスで利用者も多いです。

 

自宅や会社、海外からでもインターネットに接続することでWebページから送受信が出来ます。

 

Webページのサービスなので、メールを読んだり書くのは通常はWebページにサインインして行ないますが、OutlookExpresだとページにアクセスすることなく直接送受信が行なえるように、アカウント設定もします。

 

この便利なサービスもWINDOWSのOutlookExpressで送受信することが可能でインターネットアカウントのダイアログボックスを表示させてツールをクリックし、アカウントを選びます。

 

次にタブから追加を選んでメニューからメールをクリックするとインターネット接続ウィザードの画面が表示が出ます。

 

 

表示名ボックスに名前を入力して次へを選び、ホットメールで取得したアドレスを入力し、受信サーバーの種類にHTTPが選択されているのと、

 

サービスプロバイダボックスで選択されていることを確認します。それからアカウント名に取得したアドレスを入れて、パスワードを入力すると設定完了です。

スポンサードリンク


 

インターネットアカウントダイアログボックスにアカウントが追加され、追加されたらサーバーからフォルダをダウンロードを行い、設定が無事完了するとフォルダー一覧にアイコンもあるので確認してください。

 

受信(POP)がこれまで出来ていて、急に繋がらなくなることもあります。

 

この場合の対処は、まずoutlookにログインしてからWebのhotmailにログインします。右上にあるギアマークのアイコンをクリックしてオプションを選択し、メールからPOPとIMAPを選んで、さらにPOPオプションをはいにして保存すると、ここまでの操作でMSサーバー側の設定は完了です。

 

また、ソフトの設定も変更します。旧設定のままなら、新設定のポート995とポート587にしてみると可能になります。

 

これでも送受信が出来ないときは、公式サイトなどでも問い合わせなどを受け付けているので、一度質問をしてみるとよいです。

 

サポートや設定方法の詳細については公式サイトなどでも公開されているので、確認してみるのもおすすめです。他にもソフトの使い方なども紹介があります。

設定方法は、インターネット検索をすると対処方法なども紹介されているため、公式サイトの設定方法でも送受信が出来ないときは、他の紹介されている方法なども試してみたほうがよいかもしれません。

スポンサードリンク

ホットメールアドレスの作り方 CCとBCCの違い 署名の設定は

ホットメールはマイクロソフトが提供していたサービスで、Windows Live Hotmailとして引き継がれましたがその後終了、2013年にoutlook.comとして新たにスタートしました。

 

使用するにはマイクロソフトの公式Webサイトでアカウントを作成し、登録時に「新しいメールアドレスを取得」をクリックし任意の文字列を設定、氏名や住んでいる地域と生年月日を入力します。

 

登録完了後にoutlook.comにマイクロソフトアカウントIDでログインすると、Web上での管理が可能となります。

 

接続するアカウントを設定し他のアドレスと紐付けすると、送信相手に表示される名前を変更することができます。

 

接続方法は画面上部の設定アイコンから「オプション」を選択し、アカウント項目の「接続されているアカウント」をクリック、

 

接続されているアカウントの追加から各種サービスかもしくは「その他のメールアカウント」を選択し、アドレスを入力します。設定完了後、「差出人アドレスの変更」から指定したいアカウントを選択すると、以降は設定済みのアドレスが差出人として表示されるようになります。

 

表示名は1つに限らず、複数使用することも可能です。新たにアドレスを追加する場合は、「接続されているアカウント」の管理画面下部にある「プライマリエイリアスの管理や選択を行います」をクリック、アカウントエイリアス「メールの追加」をクリックし新たなアドレスを入力します。

 

プライマリとして設定すると、新規に追加したアドレスが主たるアドレスとなります。あくまでもエイリアスとして追加されるため、アカウントや受信箱は共通です。

 

CCとBCCの違いは、配信先の写しが受信者に見えるかどうかの違いになります。

 

例えばXとYにCCで送信した場合は、XY共にCCの配信先を確認できますが、XとYをCC、ZをBCCで送信した場合は、XとYにはZの名前が表示されません。

 

このため多くの人に一斉に配信する際に、お互いのアドレスを知らせるべきではないケースや、送信者自身の別アドレスにも確認用として送信したいケースなどで使われます。

 

outlook.comで設定するには、メールの作成時にCCとBCCをクリックし宛先を入力するだけです。

署名を入れる場合は、設定メニューのオプションをクリックしレイアウト項目にある「署名」を選択、任意の文字列を記入します。

 

自動的に署名を添付するよう設定することも可能です。

スポンサードリンク

ホットメールアドレスは変更可能?おしゃれなテンプレートを使いたい

 

ホットメールアドレスを変更するにはマイクロソフトのアカウントサポートページから「マイクロソフトアカウントのメールアドレスを変更する」に進んで

 

「マイクロソフトにサインインする方法を管理」にサインインしてから「メールの追加」を選択します。

 

ホットメールは現在アウトルックという呼び名に代わっているため、

 

まずマイクロソフトアカウントにサインインする必要があります。

 

サインインするために利用していたアドレスの変更は

 

「アカウント名の変更および本人確認メール再送の手順」

 

から指示に従って行う必要がありますが、

 

アウトルックで新たに利用したいアドレスを追加したい場合はマイクロソフトアカウントにエイリアスを追加するという方法で新設します。

 

エイリアスは追加のアカウント名のことでアドレスや電話番号なども利用でき、同じ受信トレイや連絡先一覧とアカウント設定を使用します。

 

どのエイリアスでもアカウントにサインイン可能で、使用するパスワードも同じです。

 

マイクロソフトアカウントの新規登録に使用するアドレスもしくは電話番号がプライマリエイリアスとして見なされ、

 

プロファイル情報を参照する際にメインのアカウント名として表示されて、いつでも変更することが出来ます。その他のエイリアスはセカンダリエイリアスと見なされますが、

 

いずれのセカンダリエイリアスをマイクロソフトアカウントにサインイン可能にするかどうかもコントロール可能です。

 

複数のエイリアスがあるケースでの受信トレイの動作については、

 

アウトルックオンザウェブでエイリアスを追加または削除するを参照するか、ウェブ上で疑問が解決できない場合はカスタマーサポートに問い合わせます。

 

おしゃれなテンプレートなどの追加に関しては、HTML用の無料テンプレートが紹介されているページを検索して自分好みのテンプレートを探して利用するという方法があります。

 

HTMLのテンプレートを利用する際はレイアウト崩れを起こさないようアウトルックに対応しているスタイルシートのプロパティで設定する必要がありますが、

 

現在では多くのテンプレートがレスポンスデザインで複数のメーラーに対応されており、メジャーなアウトルックの場合は大抵のテンプレートが問題無く利用できると考えられます。

 

新しいテンプレートを初めて利用する際は、念のため自分の他アドレスに送信してレイアウト崩れを起こしていないかどうか確認しておくと安心です。

スポンサードリンク