最近あった話

スポンサードリンク
着物の種類別たたみ方 着物リメイク 男性着物の柄種類

着物の種類別たたみ方と振袖の保存方法

一言で着物と言っても様々な種類があります。

着物は種類別にたたみ方があり、きちんと種類によってたたむことで綺麗に保存することができます。

 

基本は同じですので、難しいことはないため正しいたたみ方で綺麗に保存することをオススメします。

まず、男女関係なく基本となるのが「本だたみ」です。

本だたみは縫い目に沿ってきちんと一枚になるようにたたむものになります。

 

訪問着などの箔や刺繍、紋入り、落かんなどが入っているものはこすれないように薄紙を当ててたたんでいきます。

たたみ方としては、裾を右にして着物を平らに広げたら、脇の縫い目で折っていきます。

 

下前の衽を衽線で手前に折り返します。

上前と襟と衽を下前似合わせて重ねていきます。

この時背縫いの襟から少ししたと襟方の角から、襟を内側に倒して折り込みます。

背縫いで折って、左の脇縫いを右の脇縫いに合わせて左右の身頃と袖を重ね、左袖も身頃上に折り返します。

男物は袖幅が広いため、袖付けの縫い目より少し袖側に折ることがポイントです。

身頃のたけを2つ折りにし、襟の部分がかさばらないように襟先のあたりで折り返します。

 

着物を向こう側に返し、右袖を身頃に重ねて完成です。

収納場所が少ないという場合には、その場所に合わせて小さくたたむ時には袖丈の位置で折っていきます。

留袖や男物紋付、訪問着は紋や模様を傷めないように「夜具たたみ」をしていきます。

広げるところまでは本だたみと同じで、箔などには薄紙や和紙をあてます。

それから襟を内側に折りたたんで脇の縫い目で、下前上前の順でたたんでいきます。

 

袖付けの縫い目で下前の袖、上前の袖の順で折っていき身頃の上に重ねます。

 

裾を片山に合わせて、身頃を半分に折りたたみ、折り目が付かないように和紙を薄く巻いたものや真綿などを置いて、半分にたたんだら完成です。

スポンサードリンク


他にもたたみ方はありますが、振袖などは保存方法にも注意が必要です。

基本的には着物は一度でも来たらクリーニングを出すことが理想的です。

 

クリーニング後の保存方法としては、できれば桐ダンスにしまっておくことが良いとされています。

湿気が苦手な衣類ですので、湿度の調節機能のある桐ダンスに入れておくことでカビなどを防ぐことができます。

 

また、その性質上虫がつきにくいというのもメリットです。

しかし、桐ダンスがないということもあります。

プラスチックケースなどでも収納することができますが、

 

この場合には乾燥する日はできるだけ開けておき、乾燥した季節に年に2回は吊るし干しすることが大切です。

スポンサードリンク

着物リメイクで服、ワンピース、スカート、ドレス作り方

着物は美しい日本の衣装ですが、ファッションは時代とともにカジュアル化する傾向にあり、

普段のお出かけで着用できる機会はかなり減っています。

それゆえ、着用しなくなった着物は買取などで処分するという方法もありますが、

親から受け継いだ着物やとっておきの一枚はやはり手放したくない、

手元に置いておきたいと考える人も少なくありません。

とはいえ、和服のままでは着用の機会がなく、

結局は箪笥にしまったままとなってしまう人も多いものです。

より有効に活用するのであれば、リメイクして洋服に作り変えることもおすすめです。

洋服にすると面倒な着付けやヘアセットの必要もなくなりますので、

いつでも好きな時に着用できるようになります。

リメイクの例としては和風柄の個性的なドレスを作ることもできますし、

よりカジュアルに着こなすのであればワンピースやスカートにするのもおすすめです。

子供用に作るのであれば同じ生地で何枚もドレスやスカートを作ることもできます。

 

リメイクの方法としては、まずは着物をほどくことから始まります。

和服は洋服とは違い、全ての直線断ちとなっていますので、無駄がありません。

 

ほどくと一枚の直線の布に戻りますのでリメイクもよりしやすくなります。

 

生地の模様や色柄もじっくり見ながら最適なデザインを考えていきます。

スポンサードリンク


ほどき方は糸切りばさみで縫製の糸を切っていくだけですが、

 

焦ると生地を傷めてしまうこととなりますので、時間をかけて丁寧にほどいていきましょう。

その後は布地を洗い、生地の傷んでいる部分や虫食いがないかもチェックします。

洋服にする場合もきれいな色柄を活かせることが大事ですので、裁断も慎重に行っていきましょう。

 

生地の断ちかたを間違ってしまうとせっかく美しい柄を活かすことができません。

洋裁や和裁の技術がある人は手軽に好きな服を作っていくことができますが、

 

そうした知識や技術が全くないとなるとリメイクは難しくなります。

せっかくの高価な生地を無駄にしてしまう可能性もありますので、

 

無理をせずにプロに依頼することもおすすめです。

余った生地もバッグや小物入れを作ることもできますので、

 

捨てずにできるだけ活用したいところです。

 

小さな小物なら傷んだ生地でも活用しやすいのでおすすめです。

アクセサリーやスマホケースなどを作ることもできますし、

 

こうした小物ならいつでも持ち歩けるのもメリットです。

さらに着物だけではなく、帯もバッグなどを作ることができますので、

 

こちらも上手に活用していきましょう。

スポンサードリンク

男性着物の柄の種類と着方 2重太鼓の着付方

最近では男性も浴衣を中心に、着物を着る人が増えてきています。

 

女性の着物の柄は華やかなものからシックなものまですごい数の柄がありますが、

 

男性の場合はどんな柄があるのかご存知でしょうか?おすすめの2種類を紹介します。

1つめはベーシックな柄の縞です。

 

婚礼時の袴の柄も縞が使用されているのですが、それだけ格が高く男性の柄の主流の1つです。

 

色は黒やネイビー、深いグリーンといった濃いめの色が多く、

 

落ち着いた雰囲気を醸し出してくれます。

 

昔からある柄なのでモダンで粋な雰囲気も演出することが出来るでしょう。

2つめは虎や竜などの動物柄です。

 

こういった動物は強さの象徴であり、女性にはない男性特有の柄になっています。

 

動物の姿もじっとしているものよりは躍動感があり、

 

闘争心を見せているような姿が柄になっていることが多いです。

 

年配の方よりは若い男性が好んで着ることが多く、

 

こちらもベースの色は黒やグレーなどの深い色味のものが多くなっています。

次に二重太鼓の着付け方です。

 

帯結びの二重太鼓は既婚女性の帯結びで格の高い結び方です。

 

結婚式のときに着る留袖や訪問着などに合わせて結びます。

 

使用する帯は現在はほとんどの場合袋帯で、それを折って結んでいきます。

 

まずは半分に折り、手になる部分を約40センチほど残して体に2周巻きつけてください。

 

このときの注意点は帯の高さが上がり過ぎないことです。

 

また、結ぶ人の年齢によって多少帯幅を変える

 

(若めのミセスは少し広め、年配のミセスは狭め)と綺麗です。

 

2周巻いたら背中の中心よりやや左寄りから上に向けて帯を折り上げ、

 

残していた40センチの部分を下に落として背中の部分で借り紐をします。

 

その時、根元部分がくしゃっとならないようにしっかり広げておきましょう。

 

根元部分を20センチくらい残したところから二重に重ねてお太鼓になる部分を作ります。

 

ちょうど山になるところに帯枕を入れ、緩まないようにしっかりと前で結びます。

 

帯枕が緩いと背中から浮いてしまい、ずれてきます。

 

前で強めにくくっても、結び目をみぞおちよりも下に入れ込むと苦しさは緩和できます。

 

帯揚げを被せたら手の部分を左から右に流し、

 

お太鼓の下線を合わせて内側に折り込み、

 

手の中心を通るように帯締めを結んでください。

 

後は前、後ろともにしわをとり、形をきれいに整えたら完成です。

お太鼓の大きさも体形や年齢に合わせて多少変えた方がその人に合った着付けとなるので綺麗だと思います。

スポンサードリンク