最近あった話

スポンサードリンク
封筒や切手の料金一覧 切手ショップと交換手数料

封筒や切手の料金一覧を解説 値段が一目でわかる

封筒を送るには82円、官製はがきを送るには62円切手が必要ということを覚えておけば、日常生活においてはあまり困ることはありません。

 

しかし手紙を入れる封筒であれば話は簡単ですが、書留や契約書類を送付する段になって、料金はいくらか途端に迷うこととなります。

 

そこで、ここでは封筒の規格ごとの料金を解説していきましょう。

まずは冒頭でも触れた通り手紙などを入れる通常の封筒、つまり定形郵便に関して見ていきます。

 

定形郵便物とは、縦23.5cm・横12cm・厚さ1cm以内に収まる封筒のことです。

 

この条件を満たした上で、さらに重量によっても制限がつきます。

 

制限サイズ内でなおかつ、25g以内であれば82円切手を貼れば送付できます。

 

しかし、26〜50g以内となると10円アップした92円が必要となるため、注意してください。

 

一般的な文具店やコンビニで販売されている封筒のうち、長形3号・長形4号と洋形2〜4号までが定形郵便で送ることが可能です。

 

もちろん、重量オーバーには気をつけましょう。

スポンサードリンク


次に、定形外郵便について見ていきます。

 

規格内とされるものは、縦34cm・横25cm・厚さ3cm以内のサイズでなおかつ重量1kg以内です。

 

50g以内であれば120円ですが、100gだと140円、150g以内の場合は205円といった具合に増えていきます。

 

さらに250g以内であれば250円、500g以内の場合は380円、最大で1kg以内だと570円にまで跳ね上がります。

 

1kgを超えると、取り扱ってもらえません。

続いて定形外郵便の規格外に関しては、縦60cmでなおかつ縦・横・厚さの合計が90cm以内のサイズのものとされています。

 

規格外であれば、重量制限は4kg以内にまで引き上げられます。

 

50g以内の場合は200円で100g以内は220円、150g以内であれば290円です。

 

250g以内になると340円へと上がり、500g以内は500円とキリの良い数字です。

 

1kg以内は700円、2kg以内になると1,020円と1000円台へ、そして4kg以内だと1,330円となります。

定形外に使える封筒は、角形1号・角形2号・角形3号が該当します。

この他、ミニレター(郵便書簡)の場合は25g以内に限り、官製はがきと同じである62円です。

 

レターパックライトに関しては、厚さは3cm以内・4kg以内である場合に限り、360円で発送できます。

 

レターパックプラス(特定封筒郵便物)も同じく4kg以内という制限があり、料金は510円です。

 

通常はがきが二つ繋がっている往復はがきは、単純に2倍の124円が必要です。

スポンサードリンク

日本郵便の切手ショップとは 切手の種類とシール 切手の貼り方

日本郵便では、切手ショップを展開して切手の販売を行っています。

お店では通常の商品だけでなく、シール式やフレームタイプ、それに限定商品なども取り扱います。

 

切手には普通タイプやのり式に加えて、シール式というタイプも存在します。

 

普通タイプはのりがついていないのがポイントで、貼る時にのりを塗って使うことが特徴です。

 

のりタイプのように、水に濡れて使えなくなることがないので、綺麗に保管して起きたい場合に役立ちます。

 

一方ののり式は、水さえあれば何時でも貼れるのが魅力的でメリットです。

 

貼ろうと思えばツバでも貼れますから、近くに水がなくても使える点が優れます。

シール式は近年人気が集まっている新しいタイプで、台紙から剥がすだけで貼ることができます。

 

水濡れでのり部分が駄目になる心配がなく、台紙に固定されているので、剥がすまで型崩れしにくいのが良いところです。

 

子供でも剥がして簡単に貼れるので、ステッカー感覚で使えることから注目が集まります。

 

従来の欠点を見直して、改良が加えられた結果ですから、実用性が高く便利に活用することが可能となっています。

 

日本郵便のショップは、いずれの種類も豊富に取り扱っていて、絵柄や額面で自由に選べます。

 

切手の取り扱いは、貼る面を綺麗に保って汚さないことがポイントです。

 

貼る時にはのりを有効化して、位置を合わせてハガキや封筒に貼るのが基本的な流れです。

 

普通切手はのりがついていないので、スティックのりなどを塗って対象に貼ります。

 

塗り過ぎるとはみ出てしまいますから、中心部分を少し盛って、外に向かうほど薄く塗るのがコツです。

 

のり式は濡らすだけで使えますが、衛生的なイメージから、ツバではなく水で濡らすのが賢明です。

 

蛇口の先に指先を当てて、軽く濡らしてからのりの面に塗れば、のりが粘着力を増して使えるようになります。

 

シール式は台紙から剥がすだけですが、粘着力はのりよりもやや弱いので、貼る面の埃を取り除き綺麗にしておくと剥がれにくくなります。

 

また、シール面にベタベタと触れるとくっつかなくなるので、貼る位置を決めてから台紙から剥がすのが鉄則です。

 

上下の向きは必ず合うように揃えて、水平に貼るようにすると綺麗に見えます。

 

額面の貼る順番の決まりなどはありませんが、複数枚を使用する場合は、同じ種類ごとに揃えるとまとまりができて綺麗です。

 

更に同系統の絵柄で揃えるのも効果的で、ハガキや封筒などを美しく仕上げたい時に役立ちます。

スポンサードリンク

切手の交換手数料は 切手払いについて レターパック

家に郵便切手は余っていませんか。

 

お年玉年賀はがきで当選してもらった記念切手や親類の方の知り合いなどが集めていた切手をもらったり、とにかくたくさん家に眠っているという人は少なくありません。

 

それから消費税の税率が変わる前に買った切てなどをまだ取っておいている人もいます。

 

切ては少なくともその切てに記載されている数字の文だけの価値はありますので、有効に使う方法があります。

 

つまり郵便局で切てをお金のように使うことも不可能ではないのです。

切手は現金に戻すことはできません。

 

しかし郵便局で商品やサービスと交換することができます。

 

交換できる商品は四つあります。

 

一つ目、切ては別の通常切てに交換することができるので記念切てなどの特殊切ての交換はできません。

 

二つ目はハガキで、くじ引番号付きの郵便はがきは交換できることができませんが、郵便はがきを切てで交換することはできます。

 

あと郵便書簡「ミニレター」に換えることも可能。

 

いわゆるミニレターと呼ばれているものは、はがきの3倍のスペースがある封筒の役割も持った便箋のことです。

 

料金は62円で25グラムまでの薄いものならば同封することは現金以外ならできます。

 

定型封筒よりも安く送ることができるのです。

 

特定封筒とは「レターパック」と「スマートレター」のことです。

 

レターパックは「レターパックプラス」と通常の「レターパックライト」がありそれぞれ料金は510円と360円になっています。

 

スマートレターは180円の1種類が用意。

 

こういったものを切てと交換することができるのです。

 

ただし注意しなければいけないのは行為と郵便局の商品やサービスと交換する時には手数料がかかるということです。

 

つまり郵便切てや通常はがきを別の商品に変えるときは1枚につき5円の手数料がかかります。

 

特定封筒は1枚につき41円。

 

往復はがきは郵便書簡の場合は1枚に対して10円の手数料がかかります。

 

10円未満の郵便切て、郵便はがきと交換した場合は合計額の半額だけ手数料が取られるようになっています。

 

しかしその交換手数料も切てで支払うことができますので、

その差額分を差し引いた分だけ受け取ることもできます。

またその他のサービスも切てで利用することが可能です。

 

郵便サービス料金の支払いに充てることが切ては出来るのです。

 

こちらの場合は手数料はかかりません。

 

具体的にいますとゆうパック、ゆうメールやポスパケットや料金別納郵便やレタックスです。

スポンサードリンク