最近あった話

年金受給年齢早見表と平均金額、減額ルール、制度について

年金受給年齢早見表について いつからもらえる?65歳?

年金受給はいつからか、気になる方も多いですよね

年金には厚生年金と国民年金があります

また、産まれた年によっても細かく異なりますので、年齢早見表を参照したほうが早いです。

 

→ 年金受給について

参考程度に年金受給年齢早見表を添付しておきます。


 


 

参考にしてみてください。

 

わかりづらければ、日本年金機構に問い合わせてみてくださいね。

 

でんわして問い合わせるのが一番確実です。

 



 

65歳の年金受給額はいくらくらい?

ここ最近の年金受給は、65歳からが一般的となりました。

はたして、65歳になったときの年金受給額はいくらくらいなのでしょうか?

 

シニアガイドによると、

男性の年金受給額は平均18万

女性の年金受給額は平均9万円だそうです。

 

厚生年金をもらっている人は、1568万人。

 

年金受給額の夫婦平均支給額は、14万5千円程度。

 

厚生年金は男女差が大きいといえます。

 

給料が出ている現役時代になるべく積み立ての貯金をしておかなければなりませんね。

 



 

年金定期便の見方と報酬比例部分について

年金定期便とは日本年金機構から届く書類で、過去の年金支払いなどが記載されています。

 

 

50歳以上の方に送付されるのが

ねんきん定期便です。

ねんきん定期便は、下記の項目が記載されています。

①年金加入期間

②老齢年金の年金見込額

③これまでの保険料納付額

④最近の月別状況

 

今後65歳前後から始まる年金受給額の参考になりますので、年金定期便は捨てずに撮っておいてくださいね。



 

年金の確定申告 給与、住民税、必要書類、確定申告不要制度について

年金の確定申告ってわかりづらいですよね。

年金受給者は確定申告が必要なのでしょうか?

ややこしい部分ではありますが、

公的年金の収入金額が基準となります。

どういうことかというと、

年金収入金額が、公的年金等控除+基礎控除の合計額を上回るケースです。

また、確定申告不要制度に該当しない場合、確定申告が必要になります。


年金所得者の住民税は?

公的年金以外に、収入がない方の場合、住民税の申告がいります。

様々なケースで分かれていきますが、基本的に年金収入者でも住民税はかかると思っておいたほうがいいです。


年金の確定申告 必要書類について

年金の収入は雑所得となりますので、確定申告は必要です。

その際に必要書類について確認しておいてください。

・確定申告書A

・公的年金などの源泉徴収票

 

この上記2点の書類が必要となります。



 

年金の確定申告不要制度について

年金の確定申告不要制度と聞くと、かなりお得な印象があるかもしれません。

 

該当する方は利用しない手はないですよね。

 

国税庁のホームページに詳細が記載されていますが、

 

まずは、公的年金などの収入合計金額が400万以下でなければ該当しません。

 

もし400万円を超えていると確定申告不要制度を使えないので注意してください。

 

その後にいくつかチェック項目がありますので、国税庁の公式サイトを見てみてくださいね。