最近あった話

スポンサードリンク
タイヤサイズの一覧と交換料金、タイヤ交換自分ででできる?

タイヤサイズの早見表 一覧でサイズ表記を計算

タイヤの外径を変えずに扁平率を下げてリム径を大きくするインチアップ、その逆のインチダウン、幅変更を行うときに煩わしいのが外径の計算です。

 

表示が幅のmm、ホイールのインチ、扁平率の%と単位がバラバラで計算が面倒くさいので大変です。

 

幅、扁平(高さ÷幅×100)、ホイールのリム径(インチ)のタイヤサイズの早見表 一覧もありサイズ表記を計算できます。

 

しかし外径サイズや幅の変更は的確な変更でなければメーター以上に速度がでてしまう、

 

スピードメーターの表示に誤差が生じたり、

 

フェンダー(泥除けの覆い)やタイヤを収める空間であるホイールハウス内へのタイヤの接触が生じる場合があります。

 

サイズ別に決められているロードインデックス(1本で支えることができる最大負荷能力)が純正標準値を下回らないように注意が必要になります。

 

インチアップのメリットは運動性能が向上し、ブレーキ力を路面に効果的に伝えられる、コーナリングで車輪の変形がなくなり安定します。

 

見た目のスタイリッシュさも愛好家にはたまらない条件の一つです。

 

反対にデメリットとしては、扁平率が下がると路面からの衝撃が伝わりやすくなるので乗り心地の面からいえば多少悪くなることがあります。

 

走行音が少し大きくなります。

 

また扁平率を下げることにより、

たわみやすくなるため元に戻るための抵抗、転がり抵抗がおおきくなってしまいますので、

燃費が悪くなってしまう場合があります。

スポンサードリンク

大手タイヤメーカーでは外径計算機、スピードメーター誤差計算機といったサイズ変更のための計測ページが設けられています。

 

外径計算機では最初に純正サイズを入力して計測するボタンを押します。

 

次に、比較したいサイズを入力し計測するボタンを押すと空欄に外径が記録されます。

スピードメーター誤差計算機ではインチアップすることで生じるスピードメーターの誤差を確認することができます。

純正サイズと交換後サイズを入力します。

 

計測するボタンを押すと誤差の%が表示されます。

一般的なサイズから探す場合は大手メーカーにはサイズから探すのコーナーが設けられており、幅、扁平率、リム径を選択することで一発で検索することができます。

イラストもあり刻まれている数字がそれぞれ何を意味しているのかの説明もしてあります。

 

例えば「205/65R15」は205が幅(mm)、65が扁平率(シリーズ・%)、15がリム径(インチ)となると一目でわかるので自分の求めているものを簡単に検索することができます。

スポンサードリンク

タイヤ館のタイヤ交換料金とは 持ち込みの場合と工賃 店舗の営業時間は

タイヤ館での交換作業料金は、全体的に安価に設定されているものの、

 

作業する部位によって工賃が違います。

脱着作業の金額は1本あたり540円からで、これに他の作業料金が加わります。

 

組み換えも脱着と同様に540円が基本料金で、インチサイズや作業の特殊性によって左右されます。

 

交換ではなく既存の物の寿命を延ばすローテーション作業は、脱着と同じく1本あたり540円で、1台2160円からという料金設定になっています。

 

バランス調整や窒素ガス補填も同様なので、タイヤ館における作業料金は、タイヤ1本ごとに決められているといえるでしょう。

 

取り外した古い方を廃棄してもらう場合は、1本324円からの処理料金が加わるので、それを脱着や組み換え料金に加えると最終的な金額が判明します。

 

つまり持ち込んで交換を受ける際の工賃は、引き取りや廃棄処分を含めて、5616円の最低料金が目安となります。

 

タイヤ館の店舗は全国に約500店展開していて、何処でも共通のサービスが受けられるようになっています。

スポンサードリンク

北海道だけでも約30店舗営業しており、南の沖縄にも数店舗存在します。

 

営業時間はお店や営業日によりますが、基本的には午前10時から19時までの営業で、週に最低でも1日の定休日が設定されています。

 

年中無休のお店もありますが、ほとんどの店舗は火曜日や水曜日を定休日と定めている傾向です。

 

19時までの営業時間とはいっても、受付の締切は30分ほど早いので、前もって予約してから持ち込むのが無難です。

 

受付さえ済ませてしまえば、お店の都合で作業時間が長引くことになっても、最後までタイヤ交換を任せることができます。

 

営業時間内であれば、急な持ち込みにも対応してくれますから、突然の不調や出費が発生しても安心です。

 

料金は総じて手頃で安価ですし、極端な大型でもない限りは最低料金で作業してもらえます。

 

廃棄処分費用も手頃なので、料金を支払って引き取ってもらうと手間が省けて便利です。

 

作業の所要時間は予約の状況や人手に左右されますが、組み換えだけなら30分ほどで済みます。

 

脱着作業はお店によりますが、組み換え作業と合わせても合計1時間以内で終わるケースが大半です。

 

お店としても早く終わらせるのが理想的ですから、スピード重視で手慣れた作業を行ってくれます。

 

スピード重視の作業ではあっても、安全のチェックは問題なく行われるので、足回りが新しくなってからも安心して車に乗ることができます。

スポンサードリンク

タイヤ交換は自分でできる?ローテーション方法と バランス、交換時期 空気圧チェックと表示見方

車のタイヤ交換は自分でも行うことが可能です。

 

基本的な流れとしては、まず平坦且つ安全な場所に車を停めます。

 

交換を行うタイヤの対角に位置するタイヤに輪留めを置き安全を確保しましょう。

 

ナットを緩めたら完全に取り外すことはせず、その段階でジャッキアップをして交換作業を行います。

 

交換を終えたら軽くナットを装着し、ジャッキを下げて適正トルクで締め付けを行ったら完了です。

 

同じ作業を順番に行っていけば作業は終了であり、慣れてしまえば自分で行う場合でも30分程度で済ませることができます。

 

交換作業の際にはいくつか考慮すべきポイントがありますが、ひとつはローテーションです。

 

これはタイヤの位置を定期的に換えていくことであり、それによって摩耗の偏りを防止することができます。

 

すなわち寿命を延ばすことにも繋がりますので、常に同じ場所に取り付けをするよりも、定期的に換えることも考慮した方が良いと言えます。

 

ローテーションは基本的にフロントとリアを交換することで、5,000キロに一回の割合で換えていくと良いでしょう。

 

もし同じサイズのスペアがある場合は、スペアを入れて5本での交換を行っていく方法もあります。

スポンサードリンク

続いてバランスについてですが、これは遠心力バランスを整えることで、スムーズに回転するように調整する作業のことです。

 

回転が正しく行われることによって乗り心地を改善する効果に期待ができます。

 

ただ、バランスに関しては自力では難しいこともあります。

 

できないことはないものの、しかしバランサーというマシンの準備をはじめ、ウェイトも用意しなければいけません。

 

費用も手間も掛かりますのでプロに任せるのが無難と言えるでしょう。

 

次にタイヤの交換時期についてです。

 

判断の目安としては、ゴムがすり減り摩耗が進んでいる場合です。

 

スリップサインという表示が現れたら交換時期とされていますので、定期的にチェックして交換時期を把握しておく必要があります。

 

他にもサイドウォールにヒビが入っている場合や、ゴムが硬くなっている場合も交換のタイミングを判断する目安です。

 

最後に空気圧について見ていきましょう。

 

空気圧の指定は運転席のドアを開けたところにラベルが貼ってあることが多いです。

 

そこには数値が記載されていますので、その数値に合わせるように設定します。

 

空気は自分でも入れることが可能であり、別途用意したレベルゲージや空気入れを使って調整していきます。

 

また、ガソリンスタンドでは設備が無料で使えることも多いため、交換作業に合わせて利用するのもおすすめです。