最近あった話

うどんやチェーン店ランキングおすすめは

うどんやチェーン店ランキング はなまると山田屋、丸亀製麺どこが人気?

うどんやチェーン店ランキングを調べてみると丸亀製麺が圧倒的に人気であることが分かります。

 

全国全ての地域で一番人気を獲得していて、うどんやチェーン店ランキングでは完全に抜きんでた存在になっていることが分かります。

 

二位ははなまるうどん、三位は杵屋という事になっていますが、一位と二位との間には大きな差があるので、一強他弱という状態にある事は確かでしょう。

これだけ明確に差が出る理由としては、価格面と質とのバランスがとれているので万人に受けいれられやすいということがあると考えられます。

→ うどんなら丸亀製麺

うどんというと大衆的な食べ物というイメージがあるので、これを壊すことなく安価に食べることが出来て、尚且つ美味しいという事が評価されていると言えるでしょう。

 

麺の太さやコシの強さには個々のこだわりが分かれる事になるのでしょうが、



そうしたこだわりのある人たちからも受け入れられる平均的なところを作る事が出来ているという事になるのかもしれません。

 

圧倒的にコストパフォーマンスが良いという事で味と料金の両方でなっとくすることが出来ているので、これだけの高い評価を全国で獲得していることになると考えられます。

うどんを地域の産業として売り出している所は最近ではかなりある事が知られていて、そうした地域性のあるところでも

 

強さを発揮している所がこの会社の人気の高さを証明しているという事が言えるかもしれません。


二位からははなまるなどのチェーン店が続いてくるわけですが、どうしても丸亀製麺と比較をすると、確かに何かの点で劣る感じがするという事は感じざるをえません。

人気てんですから、明確にこれが不足しているということは言えないところがありますから、全体的なコストパフォーマンスやバランスという事になると、一位の丸亀製麺と比較すると少し劣る感じは確かにするということを感じます。

丸亀製麺に行くという時には、いろいろなトッピングも楽しめて、大衆的な感じがしながらもワクワク感もあるという感じになりますが、

 

そのわくわくの度合いが他のチェーン店になると低くなるという事は、多くの人が感じるところなのでしょう。

確かに美味しくてコストパフォーマンスも良いモノを出しているのですが、丸亀製麺と直接的に比較をするとどこか足りないところがある事は確かです。

 

それがこれだけ明確な数字となって出てくるわけですから、この差は微妙というよりは確かに存在するはずです。

 



では、どれを使えばよいのかというと最も純度の高い医薬用かそれに近い食用です。

 

不純物が少なければ、口に入っても問題はありません。園芸用品のお店では、うどん粉病対策の重曹というのも販売されています。

 

スプレー容器付きであれば道具を揃える手間も省くことが出来ます。

あとはスプレーが出来るように水で希釈するだけです。

 

重曹が1グラムに対して水が500ミリリットルから1リットルくらいの濃度にしておくのがちょうどよいです。

 

濃度が濃ければ効果が出るだろうと思いがちですが、濃度が濃いと逆に植物が変形したりするので良い結果にはなりません。

あとはカビが繁殖している白い部分に対して吹きかけるだけだけです。

 

先に書いたように重曹の使いすぎは良くないので、あまりスプレーをしすぎないように注意をします。

 

 

その結果、カビが死滅すれば安心ですが、それほど効果が出てこないときには乾燥してから再度スプレーをしていきます。

なお予防としても重曹は効果的ですから、薄めに希釈したものをスプレーしておくと良いでしょう。

簡単なうどんの作り方と小麦粉選び方、うどんつゆのレシピは

うどん作りに必要な材料は5人分だと小麦粉500g・水215g・塩25g・打ち粉500gと非常にシンプルです。

 

材料からも分かるように、メインとなる材料は小麦粉となります。

 

そのため、小麦粉の選び方がうどん作りにおいて大切です。

 

小麦粉には強力粉と中力粉、薄力粉があります。

 

違いは小麦粉に含まれるたんぱく質の量によって性質が異なる点です。強力粉は粘りや弾力性が強く、パンや中華麺、餃子の皮などに用いられます。

 

逆に薄力粉はたんぱく質の量が少なく柔らかいため天ぷらやケーキ、お菓子などに向いています。うどんに適した小麦粉は中力粉です。

 

中力粉は強力粉と薄力粉の中間くらいで、もちもちとした食感がちょうど良いからです。

 

ただ、強力粉や薄力粉は使用用途が多いため使い勝手が良く、常備されている家庭もあります。

 

強力粉と薄力粉を半分ずつ混ぜて、中力粉変わりに使いことも可能です。

 

ただ、ある程度調製が必要になりますので、初心者の方は中力粉を用意した方が失敗しません。

 

作り方は、まず大きめのボウルに塩と水を入れて混ぜた後、小麦粉を入れてまとまるまでこねていきます。

 

次に、ビニール袋に入れて、さらに粉っぽさがなくなるまで揉み込んでいきます。

 

袋の口を縛って、常温で30分ほど寝かせるのがポイントです。

 

ひと回り大きい袋で二重にして、上から足で5分ほど踏んでいきます。

 

ビニールの中で丸くまとめて、再度30分ほど寝かせば、うどんの生地は完成です。

 

まな板に打ち粉をして、麺棒で2mmから3mm程度の厚さに伸ばします。

 

三つ折りにして、包丁で端からお好みの厚さで切っていけば、後は茹でるだけです。

 

大きな鍋に湯を沸かして、くっつかないように気をつけながら15分から20分ほど茹でていきます。

 

途中で吹きこぼれそうになったら、水を足して調整して、最後はザルに上げて流水でぬめりを取ればできあがりです。

つゆの作り方もかつお節や煮干し、昆布を使ったものなど様々です。

 

ベースとなる出汁は水に対して鰹節と煮干しが0%から4%、昆布は0から1%を上限に合計4%分となるように調整すると上手にできます。

 

シンプルに厚削りの節のみを使った場合は、煮出す時間は10分から12分ほどでアクを取り除きながら行います。

 

2人前だと出汁600mlに対して醤油大さじ1.5・みりん大さじ1・砂糖小さじ1・塩小さじ3分の1です。

 

塩気は加える塩で調整することができます。

 

茹で上がったうどんにつゆを注いで、お好みの具や薬味をのせれば完成です。